母のおせち料理と妻のおせち料理で少し困ってしまいました

最近のおせち料理といえば、正月の定番です。多くの家庭でおせち料理を食べるでしょう。

実家にいる時は毎年のようにおせち料理が振舞われました。もちろんそんなに高価なものではありません。

ただ私の母は料理が得意で、おせち料理を自分で作って私たち家族に毎年出してくれました。

市販のものが美味しいという人もいるかもしれませんが、私はおせち料理と言えば母の作ってくれたものが今でも一番だと思っています。

しかし結婚して実家を離れることになって4年が経ちました。

妻も自分の料理にプライドを持っていて、おせち料理を自分で作る派なんですね。

3年間食べてきましたが、確かに美味しいです。

ところが今回、母のほうから、おせち料理を私たちに作ってくれると私に電話で伝えてきたのです。

妻も自分で作る気でいるのでこれには戸惑いました。

どうやら孫に食べさせたいみたいです。

私は妻が気分を悪くするのではないかと、内心恐る恐る妻にそのことを告げたら、妻は思いのほか明るく受け入れてくれました。

妻が言うには私の実家に新年の挨拶に行くときにいただきましょうとのこと。

そうすれば、妻も家で作ることができますから。やれやれ一安心です。

妻は気が強いところがあるので、あまりちょっとしたことで、母との関係を壊してほしくありません。

嫁と姑の間に入る夫の立場もなかなか気を使いますよね。

仕事ばかりのお正月だけど、結構楽しい。

今年も後わずかの季節になり、そろそろお正月の仕事のシフト調整になってきました。パートで仕事をしているけれど、休みが曜日指定で動いているので、お正月休みも関係ない。昨年も元旦から仕事をしていたっけ。
人出不足だし、お正月に仕事を絶対休みたい主婦もいるし、私だって主婦だけど、お客をもてなす家でもない、義実家も車ですぐ行けるくらい近所だし、挨拶も元旦過ぎても大丈夫。
義実家が商売をやっているから、仕事だと言うと理解して貰えるから助かっている。まあ主人の事で私に苦労を掛けてるから強く言えないらしいけど。

そんな感じでお正月に仕事をしているけど、お正月はお店に行くと、お菓子や飲み物、差し入れ等などで、なかなかいつもと違って楽しい。
お客様もお正月ムードでのんびりしていて、ちょっとしたお正月気分も味わえる。時給も少しだけUPしてくれるし、本当はお正月手当くらい欲しいと思うが、なかなかそうはいかないな。
旦那は家でのんびりできる。子供は部屋にこもって自由時間を満喫。私はさあ仕事だとイキイキしながらお店に行く。毎年こんなお正月だけど悪くない。
自分達のペースで過ごせているから、案外楽しいものです。来年はどんなお正月を迎えれるのかなと今からワクワクしています。