親しい友人とフラワーアレンジメント

私には親しくさせてもらっている友人がいます。

その友人の誕生日が最近あったので、プレゼントを贈りました。

プレゼントは、アロマの石けんとアロマのスプレーです。

仕事で忙しくしている友人に少しでもリラックスしてもらいたいと思い、このようなプレゼントを選びました。

そして先日、プレゼントに喜んでくれた友人がお返しをしたいと言ってくれ、私にフラワーアレンジメントを贈ってくれたそうです。

友人は趣味でフラワーアレンジメントをしており、イベントをしたり、ハンドメイドサイトへ出品もしています。

私も友人のフラワーアレンジのファンの一人だったので、お返しの贈り物はとても嬉しいです。

もうすぐ到着するということなのでとてもとても楽しみです。

趣味を仕事にできるということは素敵なことだと思います。

その友人はお花が凄く好きなので、フラワーアレンジをしている時間はとても幸せだと言っています。

そんな友人は、私にとってはとても眩しくキラキラと輝いて見えます。

友人とは、時々文通もしています。

少し古風かもしれませんが、手紙で友人と近況を報告し合ったり、たわいもない話をするのはとても楽しいし、癒されます。

友人のフラワーアレンジを今か今かと待っている私ですが、その作品はきっと心のこもった素敵なものなんだろうと思います。

旦那への愛妻弁当

旦那の勤務地が変わったそうです。

前の勤務地では曜日ごとにランチメニューを変えて、楽しんでいたみたい。

しかし、新しい勤務地になって、突然お弁当を作って欲しいと言われました。

どうやら前の勤務地より物価が高く、満足できる食事ができないようです。

外で食べる回数を減らして、お小遣いをやりくりしたいと言われました。

お小遣いアップをねだられるよりはと思い、週2回はお弁当を作ってあげることに。

はじめてのお弁当づくりでしたが、寝坊してしまい、予定していた玉子焼き等は諦めることにしました。

とにかく米好きな旦那なので、お米をたくさんつめて、ふりかけをかける。

おかずは昨日の夕食の残りと昨日茹でた野菜をとにかくつめこむ。

彩りはワルくないし、栄養バランスはそこそこだと思うけれど、ほぼ昨日の夕食と同じもの。

…そしてまあ、質より量だよねという出来となりました。

結婚するまで自分のお弁当はお母様に頼んでいた私ですから、しょうがないと言い訳しながら、朝お弁当を旦那に渡しました。

帰ってきた旦那に文句を言われそうだなと、憂鬱な気分で日中過ごしていると、旦那からLINEでお弁当おいしかったありがとうと着信が。

適当に作ったことに罪悪感を感じました…。

次回のお弁当はもう少し、ちゃんと作ろうと思います。

運動会の時期ですね

夏休みが終わって2学期が始まりました。息子の通う小学校でも、秋の運動会に向けて練習が本格的に始まったようです。毎日体操服を着て登下校しています。運動場で体育座りをしているんでしょうね、帰りにはお尻だけ少し白く砂がついているのが可愛らしく思います。

息子は1年生なので、私も小学校の運動会に親として参加するのは、はじめてです。なので、まだイマイチどんな感じなのかわからないのですが…きっと人でいっぱいなんだろうなぁー。2年生に子どもがいる友人に、先日少しだけ聞いたりもしましたが、どうやらお昼のお弁当は親と一緒に外や体育館で食べるようです。テントもあるらしいのですが、テントの下はいっぱいだったと言っていました。場所取りするのも、下の子が小さいしじっとしていないだろうし、パパも朝から参加できるかよくわからないしなぁ…。家が近ければ途中で家に帰ったりもできるけれど、歩いて30分くらいかかるので行ったら1日行きっぱなしになるんだろうなぁ…帰りは親子で下校しなければいけないらしいし。

色々と対策や準備を考えてしておかないといけませんね。お弁当も家族分作らないといけないことを考えるとー…朝からたいへんだなぁ…!がんばろう!

買い替え時期には思い出す、初めての車との出会い

長年乗ってきた車。そろそろ車検時期も近く、買い替えも検討している今日この頃。

そんな時、いつも初めての車を選んだ時のことを思い出します。

私が免許を取ったのは20代後半でした。

産まれて初めての車は何にしようか?

色・形はどうしようか?

などと考えながら知り合いにも声をかけて探していました。

予算の問題もあるし、初心者はぶつけ易いからボロい車にする方が良いと!

両親も含め、口を揃えて周りの人が言うものだから、素直な私は(笑)それに従ってボロい車を探しました。

免許はすべて一発でとれたから時間はかからなかったのですが、車を見つけるまでには1年近くかかりました。

ある日、知り合いから下取りに受け取った車だけど、エンジンの調子は良いからどうかと連絡があったので、早速見に行きました。

色は白……うん!好きな色だからOK

形はハッチバック……後ろからの荷物の積み下ろしが楽そうだからOK

4ドアだからもちOK

そして値段は……な・なんと6万円なり~

エンジン音も静かなので即決めました。

性能が良い車だったのか、車との相性が良かったのか、幸いなことに購入後一度の事故もなく十年間乗ることが出来たのです。

車で走っていて、ふとエンジンの音が変だな!と感じ車屋さんへ行きました。

すると、「エンジンの寿命が来ている」「良く気が付いたね~」「このまま走っていたら事故を起こす可能性があったよ」と言われてゾォ~っとしたのです。

早く気づけて良かった。

これが私の初めての車との出会いと別れです。