給食の練習をする

私の子どもは今、保育園の年中で保育園に通っています。通っている保育園では、ありがたいことにお弁当ではなく給食で親の私は楽をさせてもらっています。しかし、子どもは食が細く給食が苦手です。入園は家の都合で年中からだったのですが、入園する前から私は給食がとても心配で先生にも相談していました。入園してすぐの頃からほとんど食べることができないでいました。

保育園での生活が慣れた頃に先生からもう少し早く食べないと次のことができないよと言われたことが、子どもにとってはショックだったようで、保育園に行くことも嫌になり朝泣いて保育園の玄関に行くようになりました。朝から嫌だと泣かれるのは親にとってはつらいものがあります。そこで子どもと話をして家の夕飯で次の日の給食の練習をすることにしました。保育園からもらっでいる給食の献立を見て、そのメニューを作り食べる練習を繰り返しました。練習を始めたばかりの頃は練習をしても朝は泣いていましたが、次第に食べれるようになり平気になってきたようで泣かずに行くようになりました。

給食の献立の中には、私にも馴染みがないものもありますが、インターネットで調べてなるべく作るようにしています。練習の効果なのか食べれる食材も増えてきました。給食の練習のおかげで私も作れる料理が増えている気がします。

マルコムヤングと最近の日々

最近思うことですが、なんでもいいから、自由に日記を書いていたいなあという事でしょうか。

私も、結構たまった自分の話しなど、書き連ねいていたいと思う事がありましてね。

最近は、すまほっくびーなんて一人でふざけています。

確かに、あれは稲川淳二なら得意といえる話術だろうなあと思っています。

私も、すまほっくびならぬ、寝すぎで、とこずれっくびーになりました。くびではありませんが。

やることが余りにもなさすぎ、疲れすぎ、寝まくっていた時期があったのです。

すでに、何日寝ているかというと寝るのが怖くなってくるのですね。

何って、その間、時間を無駄にしているのが、結構精神的にきついったらきついのです。

今は、貯蓄に金を回す方向で、頭がいっており、不要なものは全てやめようと思っていて、それで、携帯も解約するのですが、寝すぎはきつくて、なんだかもはや中年前に寝たきり老人のようになっていました。

話が変わったといえば、11月18日にマルコムヤングさんが亡くなったのですね。

結構びっくりだったのですが、あの目立たないキャラが私は結構好きだったのですけれどね。

本当にサポートの人とか言われたら、知らない人はわからないくらい目立ちませんでしたが、私はマルコムヤング好きでした。

毎年計画を立てて、今の夢を達成する事を目標にしています。

一年の目標を立てながら生活するタイプです。しかも、その目標は一年中忘れる事なく、毎月見直しているほどです
因みに今年の目標は貯金額を設定しました。特にトラブルも急な入用もなかったなので目標は達成できそうです。
貯金額を目標に掲げたのは初めてで、いつも何となく貯めている程度でした。今年貯めて、結構高い金額を設定したのですが、特に無理もせずに達成できそうだったのが意外でした。
普段は無駄に何となくお金を使っているんだなと改めて思いました。

今年はそんな金額だったので、来年はそれよりも大幅に上げてみようと思います。来年には少し収入が上がっている見込みがあるからです。と言うのも起業を視野に入れています。
来年のどこかで動こうと思っています。実際に動き出すと今の様にゆったりとした従業員としての働き方が出来ないので正月に休めるのもこれが当分最後かなと思っています。
それでもやりたいと思っているので、楽しみです。

社会人に出た方が夢ややりたい事の幅は広がったと思います。まだまだ学生の内から何かをやりたいと見付けるのは至難の業だなと思っています。
むしろ色んな事を見て、ずっと色んな夢を追えばいいのだと今は思っています。
学生の頃には夢がないと焦っていましたが、焦る必要なんて無いし、限られて生活環境の中で夢を一つにする事なんて無理だなと思っています。

ホラー映画にハマって眠れなくなりました

最近、寝る時は玄関の通路の電気をつけています。部屋の電気は照明を落として完全に暗くしていません。

それというともホラー映画を見ることが多くなかったからです。

最初は友人に勧められて渋々だったのですが、日常的な場所で起る非日常的な恐怖にハマってしまいました。

ただ、やはりホラーというだけあって映像も音声も精神的に追い詰められていきますから、寝る前に見てしまったらもう寝れません。

部屋を暗くして窓を叩かれたらどうしよう。変な影が映ったらなどと考えてしまって目が冴えてしまうのです。

明るい所でしたら安心できるのですが、今度は眩しくてでどうやって睡眠をとるか、考えることになってしまいました。

そこで、部屋の照明を薄明かりにして、玄関の通路は明るくしようとしたのです。

寝る前に見るのを止めれば解決するのですが、なかなか時間が作れないので寝る前になってしまいます。

休日は部屋のお掃除や友達と遊びに行く予定で日中に時間は作れません。

今気付いたのですが、思い切って友達を呼んでお昼にホラー映画鑑賞会を開いてもよさそうです。

何人が来てくれるかわかりませんが、今度計画を立ててみようと思います。

次に見るホラー映画をレンタルショップで探しに行きましょうか。あらすじを見ていると気になる映画が多いので、迷います。

息子の入院に付き添いしてきました

息子の生まれつきの右側頭部の痣の切除手術にあたり、先週金曜日から、今週火曜日まで、4泊5日の間大学病院に付き添いでお泊りして来ました。息子は何だかよくわかっておらず、ただいつもと違う感じはしているようでしたが、いたって元気でした。

ただ、初日の夕方にパパが妹を連れて家に帰ってしまう時はちょっと泣いてしまいました。月曜日に手術だったので、金、土、日はただのんびりと入院生活を送っていました。4歳の息子と一緒にひとつのベッドに寝ていたので寝返りもろくに打てず体中が痛くなりました。

日中はやることも無く、息子は朝と夕方はずっとEテレを見ているので、ニュースなども見れず、ネットニュースを見たり、息子のために持ってきていた折り紙でカブトムシとかクワガタとか鳥、花、リボン、ハート、雪だるまなどをスマホで折り方を調べて折って過ごしました。

手術当日は手術室まで付き添い、眠るまで隣にいましたが、仮面ライダーのDVDを観ながら、果物の香りのする麻酔用のマスクをして数秒呼吸をしたらあっという間に白目をむいて眠りにつきました。

大泣きするかと思いきや全然そんなことなく、あっという間に手術も終わって帰ってきてもケロッとしていました。さすが大学病院の先生だな、と思いました。本人は何をされたかもよく分かっていないようで、腕の点滴だけ、わずらわしそうにしていました。

手術箇所も軟膏を塗って、髪の毛で隠されていてよく見えませんでしたが、先生が、切除した組織と、手術前の写真と、手術後の写真を見せてくれて、綺麗なものでした。あとは、来週抜糸して、3~4週間後に切除した組織の病理検査結果が分かるので、それを聞いてとりあえずひと段落といったところです。

予定通り、手術の翌日には退院出来、本人も全く痛がる様子も無いので一安心しているところです。とにかく何もすることがなくても、病院での生活はとても疲れました。旦那さんは下の子の面倒を看ながら、家事をして、毎日1時間かけて往復2時間のところ通ってくれて本当に有難かったです。

みんな、この数日間はよく頑張ったと思います。息子も、娘もパパも自分自身も褒めてあげたいです。

仕事ばかりのお正月だけど、結構楽しい。

今年も後わずかの季節になり、そろそろお正月の仕事のシフト調整になってきました。パートで仕事をしているけれど、休みが曜日指定で動いているので、お正月休みも関係ない。昨年も元旦から仕事をしていたっけ。
人出不足だし、お正月に仕事を絶対休みたい主婦もいるし、私だって主婦だけど、お客をもてなす家でもない、義実家も車ですぐ行けるくらい近所だし、挨拶も元旦過ぎても大丈夫。
義実家が商売をやっているから、仕事だと言うと理解して貰えるから助かっている。まあ主人の事で私に苦労を掛けてるから強く言えないらしいけど。

そんな感じでお正月に仕事をしているけど、お正月はお店に行くと、お菓子や飲み物、差し入れ等などで、なかなかいつもと違って楽しい。
お客様もお正月ムードでのんびりしていて、ちょっとしたお正月気分も味わえる。時給も少しだけUPしてくれるし、本当はお正月手当くらい欲しいと思うが、なかなかそうはいかないな。
旦那は家でのんびりできる。子供は部屋にこもって自由時間を満喫。私はさあ仕事だとイキイキしながらお店に行く。毎年こんなお正月だけど悪くない。
自分達のペースで過ごせているから、案外楽しいものです。来年はどんなお正月を迎えれるのかなと今からワクワクしています。

アンパンマン症候群になるのかな

もうすぐ5ヶ月になる息子。今日テレビをつけていたらアンパンマンがやっていました。私が小さい頃にはやってるからもう大分長い間やっていますね。息子はまだ興味がなさそうにしていましたが、もう少ししたらきっと喜んで見るんでしょう。

ママ友さんからよく聞くのは、男の子でも女の子でも必ず一時アンパンマン症候群がやってくるというのです。・・・アンパンマン症候群とは?

アンパンマンって言葉を覚えてなんでもアンパンマンと言ったり、アンパンマングッズを溺愛することなんですかね??はっきりした定義はわかりませんがママ友さん達は子どもがアンパンマン好き好き状態になっているときに使っているようです。

アンパンマンのおもちゃって沢山売ってますよね。以前パチンコ店に勤務していましたが景品のおもちゃはほぼアンパンマンでした。買っちゃうんですよね、じじばばが。アンパンマンって今のどの世代も知っているんじゃないですかね??ってくらい有名かと思います。最近のアニメ事情がわからなくてもじじばばはアンパンマンなら間違いないと思うんだと思います。

ただ私はあまりアンパンマンのおもちゃは買いたくないです。高いだけだなと思う商品も多いですし。だったらもっと知育おもちゃを買いたいと思ってしまうのです。子どもはアンパンマンのおもちゃを欲しがりそうですがね。

今後いつか息子がアンパンマン症候群にかかるのだろうとビクビクしながら頑張って子育てしますね!

朝は大体ご機嫌ななめな長男くん

うちの長男4歳はまあとにかく寝起きが悪いです。起きなければいけない時間になっても起きないと強制的に起こすのですが、泣くわわめくわでまず着替えをさせるのにも手こずります。パパが抱っこしてしばらくなだめすかして、なんとか着替えが終わっても下に降りるときも抱っこ、椅子に座らせると崩れ落ちて倒れこみ、パパに拾い上げてもらってしばらく抱っこしてもらわないと調子が出ません。

けれども息子が起きるのはパパが仕事に行く20分前くらいなので、あっという間にパパの出掛ける時間になり、椅子に座らせた途端大泣きです。パパも後ろ髪を引かれながら仕事に向かわなければならずなんだか可哀想になってきます。

それで、仕方なく私が自分の朝ごはんを食べつつ息子を抱っこしてなだめて、パンを一口かじらせたら食べてくれたので、椅子に座らせたら自分で食べてくれました。起きてから機嫌が直るまで30分以上かかるので、毎朝大変です。

助かるのは下の娘は起こしてもすぐにっこにこでご機嫌だし、朝から食欲旺盛で、「パン!パン!」と席につくなり覚えたてのパンを連呼してもりもり食べてくれます。お兄ちゃんのぐずぐずを尻目に全然関係無い感じでなんでも自分でやってくれます。まだ1歳8ヶ月なので、たまに飲み物はこぼしちゃいますけどね。

息子も娘みたいだったら、もっと朝からばたばたせずにゆったり過ごせるんでしょうけどね。そううまいこといかないですよね。優雅にクロワッサン食べながら淹れ立てのコーヒーを飲む、とかやってみたいです。けどこの子たちがもう少し大きくならないとまず無理でしょうね~。どこのお母さんも同じでしょうけどね。

そんな感じで今朝もなんとか息子を保育園に送って来ました。元気に遊んでるかなあ。

主婦ですから家でご飯を用意すると、疲れていても

私は外食が大好きです。主婦ですから家でご飯を用意すると、疲れていても作り片付けるまでと一連の作業をしなくてはいけないからです。なので、週末は家族で外食にいきます。
いわゆる主婦お休みデーです。外食に行く場所は高い場所だと生活に響くので、家族三人で五千円以内の場所を選んでいます。

主人のお気に入りは近所の中華屋さんで、バンバンジーとビールをたのしんでいます。中華屋さんになると、私と娘は決まってラーメン餃子セットで簡単にすませています。
娘のお気に入りは回転寿司でナマモノを頼むというより、プチうどんを食べたりソフトクリームを食べたり色々選ぶのが楽しいみたいです。私と主人は高いお皿は一皿までと決めて食事しています。
私のお気に入りは焼鳥屋です。無類の焼鳥好きで、チューハイと焼鳥を食べているのが至福の時です。ただ、娘はなかなか連れていきにくいので、実家の母と留守番のときだけです。

あと、誕生日や記念日のときの外食は予算2万円にして、ホテルやまわらないお寿司や焼肉に行きます。祝ってもらう人の行きたいところを選んでいます。
こんなように、私たち家族は外食を楽しんでおり、それはこれからもずっと続いていくと思います。

新婚ズボラ専業主婦

1月に入籍したばかりの新婚ほやほやの新妻、専業主婦です!今回は家事が苦手なのに専業主婦になってしまった私のお話です。
私はもともとは家事なんてほとんど何ひとつやったことのない、ちょっと浮世離れしたお嬢さんという感じでした。
今まではなんでもかんでも親がやってくれる、「THE・過保護に育てられた末っ子ちゃん」でした。

一人暮らしをしてみた時期もありましたが、まず部屋を片付けることもできませんでした。
「散らかってた方が落ち着くし〜」
「何がどこにあるかわかってるし〜」
など、何かと言い訳しては散らかし放題でした。

洋服も脱ぎ散らかす。使ったものを元の場所に戻さない。ズボラどころの話ではないですね。
料理ももちろんしたことがなく、包丁を使うのが面倒くさい、洗い物をとにかく少なく済ませたい!という一心でした。
最近のお惣菜は種類も豊富だし栄養バランスもいいし美味しいし、とにかくお惣菜頼みでした。そんな私が専業主婦に… なんて無謀なチャレンジなんだ…

でも主人がいると、自分のためには頑張れないけど主人のために頑張ろう!と、なんとか料理も掃除も洗濯もできています。
まだまだ勉強中ですが、新米ズボラ専業主婦の闘いは始まったばかりです。頑張ります!