1月4・5・6・日は日本全体がゆるむ

正月3が日は、親戚付き合いなどや買い物、初詣に出かけるなどの用事。

また伺った先では、おしゃべりしたり、テレビもそれなりに盛り上がっていていいもの。

だけど、急に4・5・6日となると世間もだらけるのか、

会社勤めは始まるけれど、一度ペースダウンした生活に慣れると元の生活には直しにくいもの。

また、今年は、成人の日があって、また休めるので、なかなかエンジンがかかりにくい。

私は主婦なので、

時間に追われることは少なく、

ある程度は余裕を持って作業ができるのですが、

買い物へ出かけても、一息つくのにテレビを見ても、

正月気分が抜け切れていないようで、少々嫌気がさします。

まず買い物。

日常の普通の食事を作るための買い出しだけど、

あちこちに正月お節の材料らしき半端食品がうじゃうじゃ。

「食べ物」を見て、飽きたというのはなんと贅沢な文句かもしれませんが、

消費しきれない・売切れないなら、こんな数を生産しなくていいのに、と思います。

そしてテレビ番組。

せいぜい正月特番で居られるのは、3日まで。

4日以降は、撮りダメが明らかにわかるし、番組それ自体もとてもお粗末。

もう、普通のニュース番組、報道を流してほしいです。

だれも、有名人の食いっぷりや大食いを見たいとは思いません。

ふー、ちょっとすっきりしました。