マルコムヤングと最近の日々

最近思うことですが、なんでもいいから、自由に日記を書いていたいなあという事でしょうか。

私も、結構たまった自分の話しなど、書き連ねいていたいと思う事がありましてね。

最近は、すまほっくびーなんて一人でふざけています。

確かに、あれは稲川淳二なら得意といえる話術だろうなあと思っています。

私も、すまほっくびならぬ、寝すぎで、とこずれっくびーになりました。くびではありませんが。

やることが余りにもなさすぎ、疲れすぎ、寝まくっていた時期があったのです。

すでに、何日寝ているかというと寝るのが怖くなってくるのですね。

何って、その間、時間を無駄にしているのが、結構精神的にきついったらきついのです。

今は、貯蓄に金を回す方向で、頭がいっており、不要なものは全てやめようと思っていて、それで、携帯も解約するのですが、寝すぎはきつくて、なんだかもはや中年前に寝たきり老人のようになっていました。

話が変わったといえば、11月18日にマルコムヤングさんが亡くなったのですね。

結構びっくりだったのですが、あの目立たないキャラが私は結構好きだったのですけれどね。

本当にサポートの人とか言われたら、知らない人はわからないくらい目立ちませんでしたが、私はマルコムヤング好きでした。